パパの努力の結晶!平べったい弁当は食べてもらえるのか

息子は保育園に行くときにお弁当が必要なので、普段は私が作っています。

といっても、おかずのほとんどは自作・市販が半々くらいの冷凍食品で、あっためて詰めるだけなんですが。

今朝は未明から息子がどうも眠れないようで、付き合って私も寝不足でした。

6時過ぎからやっと寝始めたので、そこから私もつい寝てしまい…。

二度寝には遅い時間でしたが、起こそうにも不機嫌で起きられない様子だったので、結局寝かせてしまいました。

7時ごろ、ゾンビのようになって起きてきた私。

「おはよう」と言ってくれるパパに

「べんとう…!」と返して、パパが凍り付きました。すまんかった!

そこからパパがお弁当を作ってくれました。

ごはんを詰めて、冷凍食品を選んであっためて、詰めて。

私がブロッコリーを切ったのもレンチンして、隙間に詰めて。

「これでいいかな?」と見せてくれたものが、

すごく、平べったい!

自分の感覚でごはんを詰めすぎないように、気を使ってくれたんでしょうね。

ごはんもおかずも全部、お弁当箱の底にへばりつくように平べったく詰められていました。

高さをそろえようとしたのでしょう、ブロッコリーも平べったく詰められてボロボロ!

笑っちゃいけないと思いつつも笑ってしまいました。重ね重ねごめん。

夜になったら、食べてくれたかどうかで審判が下りますよ…と言いつつ出かけていきましたが、

その後息子は熱があることが発覚し、保育園はお休みとなりました。

パパごめんね。ありがとね。おうちで食べましたよ、平べったい弁当!エピレ 予約 空き状況