佐川急便で働く男性の上司が酷すぎて腹が立ちます。

佐川急便で働く22歳の男性が自殺をしたとして、遺族が労働災害と認定されなかったことを不服とし国を訴えたそうです。それが先ほど認定されたそうで安心しました。亡くなった男性もこれで浮かばれると思います。とにかくこの男性の上司が酷すぎます。大人になってまでこんなイジメがあることにビックリです。記事によると、エアガンで足元を撃たれたり、つばを吐きかけられたりするパワハラがあったそうです。異常としかいえません。絶対に許されない行為です。まだ22歳の若い男性の未来を奪ったこの上司に、何らかの処罰をお願いしたいと思います。この男性は度重なるこの上司のパワハラで、心を病んでしまったそうです。薬を飲んでも、励ましてもらっても、病気の事を訴えても理解してもらえなかったそうです。頑張るだけ頑張ったのに何も変わらなかったのです。優しい言葉をかけるどころか、残務処理を指示したりと嫌がらせをしていたといいます。こんな最低な人間が上司だったということがツイていなかったんだと思いました。仕事より命の方が大切です。同じように悩んでいる人達には、逃げる勇気を持って欲しいです。