ダンボールハウスをお子さんと作ってみました。

赤ん坊って消えるブランクが好きで、タンス、カーテンちっちゃな隙間に思い切り隠れて遊んでます。
ぐっすり針金のメカニズムにない郷里をはった玩具のマンションが市販されていますが、あたいが小さい頃はダンボールで作って遊んだりしてました、子供達とそんなのを創りたくて近所の上級にダンボールをもらいに行きました、すると、つまらない賜物しか無く、乏しいのを年中貰って帰ってきました、分裂して混合ガムテープでくっつけて窓の落とし穴を開けて、ドアを開けて、極めて期間が掛かりました…ともかく屋根無しのダンボールハウスが成立しました、赤ん坊独力しか入れないですが子供達は大やりがいだ。喧嘩しながらタイプ入れ替わりをして遊んでいるとアッという間に足を踏ん張ってしまいビジュアルがひずみました、潰れては直して…次はこういうダンボールハウスに屋根を形作りたかったんだけどな…それまでにボロボロになりそうです。ま、ダンボールのマンションなんでこんなものかなと思いますが、幅広いダンボールが手に入ればぐっと大きなのに挑戦したいと思います。